わんニャンざんまいの広場

いぬとねこの話題・面白画像&動画を
あちらこちらから手広く集めてご紹介ー (^_^)

    カテゴリ: 犬ニュース


    (出典 news.mynavi.jp)



    研究で証明、てのがなんか身もフタもない気が…(~_~;)

    「犬を単なるペットではなく、家族の一員と見なしているからだ」って…
    そりゃそうだ。
    きっとワンちゃんも、よそのわんこより一緒に暮らしてるヒトが好きよねw

    結論。どっちも好きってことで相思相愛♪ 大団円ヽ(^o^)丿



    研究で証明。人間は、人間よりも犬が好き 研究で証明。人間は、人間よりも犬が好き
    …・最新の研究の結果、人は大人の人間より、犬に感情移入することが分かった。・人間の赤ちゃんだけが、被験者が成犬に示す以上の共感を得た。・これは、わたしたちが犬を単なるペットではなく、家族の一員と見なして…
    (出典:科学(BUSINESS INSIDER JAPAN))


    【ヒトはヒトよりもわんこが好き】の続きを読む


    ライフハッカー[日本版]より転載:昨今、Fitbitのようなスマート活動量計を見かけるのは珍しくなくなりました。活動量や睡眠を自動計測して「見える化」してくれるため、日々の健康管理に役立てることができます。

    そして、健康管理が必要なのはペットも同じ。FIT P2(フィット・ピーツー)」なら、仕事で週末しか一緒に遊べなくても、ペットの活動を数量的に記録、分析することができます。

    コインサイズで首輪などに簡単に取り付け可能なペット用活動量計

    「FIT P2」はペット先進国のアメリカで生まれた犬猫向けウェアラブルデバイスです。スマートフォンアプリと連動し、高精度な加速度センサによって睡眠やランニング、ウォーキングなどのペットの活動情報を収集、分析することができます。

    国際的なプロダクトデザイン賞である「Red Dot Design Award2016」や「iF DESIGN AWARD 2016」を受賞した洗練されたデザインも大きな特徴となっています。

    ペットの活動量を24時間監視し、さまざまなレコメンドをしてくれる

    ペットの活動量を24時間監視し、時系列に表示します。仕事中や夜間など、一緒にいられない時間帯に、ペットがどんな様子でいるかをおおまかに掴むことができます。

    また、活動記録はクラウドサーバーに送られ分析、学習されます。ペットが普段と異なる行動パターンを示したときに通知してくれる機能があるので、ペットの調子が悪くなっているときなど、すばやく察知することができます。

    さらに、日々の運動量にもとづいて、消費カロリーを計算、健康的な餌の量をレコメンドする機能も搭載しています。

    その日の気分や運動スコアを数値化

    犬向けの機能になりますが、「今日の気分は上々です」といった気分インデックスの表示に加え、「健康状態が少し良くない可能性があります」、「総活動時間が不十分です / 今日は激しい活動時間がありました / 深い睡眠時間が足りません」などのレポートもしてくれます。

    Image: machi-ya

    重量はわずか8.8gで、小型のペットでも負担になりません。防水防塵仕様になっているので、雨のお散歩でも安心です。カラーは、ゴールド、グレー、パープル、ブルーの4種類から選べます。

    ペット専用アクティビティモニター「FIT P2(フィット・ピーツー)」は、クラウドファンディングサイト「machi-ya(マチヤ)」にて、限定150個が37%オフの6800円(税込・送料別)から支援可能となっています。自分が見ていないときの愛犬・愛猫の様子が知りたいという人は、ぜひチェックしてください。

    >>「FIT P2(フィット・ピーツー)」の支援はこちらから

    Image: machi-ya
    Video: Youtube
    Source: machi-ya

    (伊藤貴之)


    (出典 news.nicovideo.jp)
    【まさにペット用のFitbit。愛犬、愛猫の活動量を調べる「FIT P2」がキャンペーンを開始】の続きを読む


    哀しい話ですね。
    一ヶ月間、空港の人に見守られてご主人さまを探していたのでしょうか…。





    1 名無しさん@涙目です。 :NG NG BE:416336462-PLT(12000).net


    コロンビアの空港で捨てられた犬が、飼い主を探し求め1ヶ月も空港内を歩き回った末、誰も迎えに来ないと理解し、重度のうつ状態に陥り、食事を拒否して亡くなった。
    見捨てられた犬の悲しい歴史について、コロンビアのメディア「NoticiasRCN」が語った。

    コロンビア・ブカラマンガ近郊のパロネグロ国際空港でこの出来事は起きた。
    目撃者の証言によると、空港で10月に捨てられた犬は数週間、飼い主を探し回っていた。
    空港の職員は犬を、スペイン語で雲の旅人を意味する「Nube Viajera,」と名付けた。

    だが11月初旬、犬が空港に現れて1ヶ月後、犬の様子がおかしくなった。隅に隠れ、食事を拒否し始めたのだ。11月8日、空港の職員は必死になって動物医師のもとへ犬を連れていき、そこで犬は点滴チューブにつながれた。
    だが、全ての努力は水の泡だった。重度のうつ状態に陥った犬は、うつから抜け出せなかったのである。

    コロンビア動物・自然友人フォンドの獣医アレハンドロ・ソトモンテ・ニーノ氏が語るところ、動物は解決不可能な問題に直面してうつに陥った時、意識的に死につながる行為を取ることがある。

    https://jp.sputniknews.com/life/201711184289093/

    (出典 i.imgur.com)


    【空港に捨てられた犬。1ヶ月主人を探し自分が捨てられたことを理解する→】の続きを読む


     11月12日放送のテレビアニメ『サザエさん』(フジテレビ系)で、飼い主がペットに餌をやるシーンが登場。その餌の中身が、ネットで物議を醸しているようだ。

     この日放送された「うちのポーカーフェイス」というエピソードでのこと。サザエは、カツオたちとトランプの「ババ抜き」をするが、すぐに表情に出てしまうせいで、サザエ&タラちゃんのチームは連敗してしまう。

     しかし、サザエとフネが交代すると、フネはあっさりカツオたちに勝利。カツオは「(フネは)いつも落ち着いていて、ポーカーフェイスがうまいからだよ」とフネの勝因を分析。ババ抜きに強くなりたいタラちゃんは、ポーカーフェイスの練習を行うことに。

     フネのポーカーフェイスに憧れるタラちゃんは、フネの買い物に同行。その道中、餌を前にした犬が“おあずけ”の練習をしているところに遭遇する。タラちゃんはその様子を見守っていたが、「ウインナーと白米」というおいしそうな犬のごはんを見て、思わずよだれを垂らし、ポーカーフェイスに失敗してしまう。

     そして、この場面で登場した「ウインナーと白米」という犬の餌は、ネットで大きな話題に。「犬にウインナーは絶対ダメでしょ」「ウインナーは塩分過多です」「犬にソーセージと米食わせるって……」「塩分とか添加物とか考えると、ウインナーはホントにありえない」と、ウインナーを食べさせていた飼い主に対する批判が殺到した。

     さらには、犬の餌を見てよだれを垂らしたタラちゃんにも厳しい反応が。「犬の飯を見てヨダレ垂らすタラちゃん、ヤバすぎ」「ちょっとこのシーンは気持ち悪すぎ」「犬のエサがおいしそうに見えちゃうのかよ」と、ツッコミのコメントが多数上がっていた。

     現在はペット用に加工されたウインナーも存在するので、『サザエさん』に登場した飼い主はそれを与えていた可能性もある。くれぐれもアニメを見て、人間用のウインナーを犬に与えないように気をつけてほしい。

    サザエさん「犬の餌にウインナー」で物議!?

    (出典 news.nicovideo.jp)



    ワンちゃん用のウインナーですよ、きっと。(^_^;)
    心配ありませーんw



    <このニュースへのネットの反応>

    【サザエさん「犬の餌にウインナー」で物議!?】の続きを読む

    このページのトップヘ