わんニャンざんまいの広場

いぬとねこの話題・面白画像&動画を
あちらこちらから手広く集めてご紹介ー (^_^)

    カテゴリ: 犬ニュース


    ワンちゃんは「緑」と「赤」を認識できなことが判明!肉の色も…

    人間が目で見る「色」、実はこれ人間しかみえていないわけです。ネコや犬は色の数が減ってしまい、人間が見ているような色鮮やかな世界とはまるで違う、ちょっと味気ない世界を見ているようです。紅葉なんてもってのほか、色鮮やかな野菜や肉もちょっとくすんだ色になってしまうことが判明したようです。

    さて以前から犬は、視力が弱いとされてきましたが、具体的にどんなものなのかは不明でした。視力が弱い分、嗅覚は物凄い優れているので、全然生活に支障はないのでしょうけど、今回こんな研究をしたそうです。

    研究者は、牧羊犬3匹、エスパニョールブルトン1匹、ワイマラナー1匹、ラブラドール1匹、雑種10匹、合計16匹に対し、ネコの図柄が描かれた点の試験を行なったようです。この点は緑と赤で構成されているものですが、結果的に言えば殆どの犬がこれを識別できないことが判明しました。

    これはとんでもない事実です。
    もし自分の犬とボールなどで遊ぶ場合、赤や緑のものを使うのではなく、青色のものを使ってあげないと、他人のボール特別がつかないのかもしれません。

    ということで犬には、青を使ってあげるのが親切なのかもしれませんね。

    犬といえば猫と人間の間の子が生まれた!?と話題になりました

    近い将来、ワンちゃんも人間と同じぐらいの色彩を感じて貰うように進化してもらいたいものですね。

    画像掲載元:dailymail

    参考元
    http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-5061665/Colour-blind-dogs-t-distinguish-red-green.html

    (秒刊サンデー:たまちゃん

    画像が見られない場合はこちら


    (出典 news.nicovideo.jp)

    人間の場合、色覚異常の方は信号機の点灯位置で
    渡れるか否かを判断することもあるって聞いたことがあります。(゜_゜)
    右(横断歩道用なら上)が点灯すれば、渡らない、というふうに。

    わんちゃんも訓練したらできるといいですけどね。(^_^)



    <このニュースへのネットの反応>

    【ワンちゃんは「緑」と「赤」を認識できな(い)ことが判明!肉の色も…】の続きを読む



    (出典 missbibi.jp)


    松下さんに溺愛されてるワンちゃんは「ビションフリーゼ」さん
    らしいですね。(^_^)

    …アフロ犬とか大泉犬のイメージなんですがww




    1 胸のときめき ★ :2017/11/07(火) 19:45:48.23 ID:CAP_USER9.net

    女優、松下奈緒(32)が7日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われたけやき坂イルミネーション点灯式に出席した。

     ホワイトクリスマスをイメージした白のワンピース姿で登場。けやき坂通りが120万灯のLEDでライトアップされると、「きれい」とうっとり。
    クリスマスは「仕事していると思う。相手? いないです。溺愛している愛犬がいれば十分」と苦笑した。

    http://www.sanspo.com/geino/news/20171107/geo17110719090033-n1.html


    【【芸能】松下奈緒「溺愛している愛犬がいれば十分」 クリスマスは仕事】の続きを読む



    (出典 dog-training.hachultra.jp)


    実際のところ、どうなんでしょうね~(。・ω・。)




    1 ごまカンパチ ★ :2017/10/27(金) 00:37:25.64 ID:CAP_USER9.net

    ■人間の注目に明らかに反応、家畜化に関与か、ただし動機は不明
     人間が見ているときとそうでないときで、イヌが表情を変えることが明らかになった。

     たとえば、イヌが眉の内側を上げて、目を大きく開き、子イヌのように見せる「悲しげな子犬の顔」をするのは、
    人間の目を覗き込むときだ。

     イヌの表情はこれまで単に感情を示すものと考えられてきたが、もっと柔軟で、人間とのコミュニケーションに
    役立っている可能性がある。この論文は、10月19日付けのオンライン科学誌「Scientific Reports」に発表された。

     この発見は、人間の最良の友と言われるイヌをより深く理解する手がかりとなるだろう。
    人間とイヌはおよそ3万年にわたって共に暮らしてきた。おそらくはその間に、人間の影響を受けつつ、
    イヌの行動が進化してきたと思われる。

     過去の研究では、イヌが絶えず人間をじっと見つめて身振りを観察していること、また、
    人間に育てられたオオカミの子どもに比べると、イヌの方が人間の顔をより頻繁に見上げる傾向があることが示されていた。

    「イヌは人間の身振りや意思疎通のシグナルを読み取っています。他の動物ではこうはいきません」。
    論文の主要著者である英ポーツマス大学の心理学者ジュリアン・カミンスキー氏はそう語る。

    ■人間が愛着を感じる「悲しげな子犬の顔」
     イヌが自分の顔をどのように使っているのかを解明するため、カミンスキー氏のチームは、ドイツのボランティア家庭のリストから
    ランダムに24匹の飼いイヌを選び、4つの場面でどう反応するのかを調べた。

     イヌは1匹ずつ、静かな部屋へと連れて行かれる。部屋のなかでは、1メートル離れたところに実験者が立ち、
    イヌに対して次の4種類の態度をとる。
    1つ目は、イヌの方を向いておやつを手にしている。2つ目は、イヌの方を向いているがおやつは手にしていない。
    3つ目はイヌに背を向けておやつを手にしている。4つ目はイヌに背を向けておやつを手にしていない。

     当て推量を排除するため、研究チームは、筋肉の情報によって顔の表情を特定する評価基準に沿って分析を行った。
    また、後でイヌの表情を繰り返し観察できるよう、カメラでイヌの反応を撮影した。

     カミンスキー氏のチームが特に注目したのは、「AU101」と呼ばれる「悲しげな子犬の顔」だ。
    過去の研究において、この「AU101」に対しては人間が愛着を感じやすいことがわかっている。
    論文の共著者であるブリジット・ウォラー氏の実験で、「AU101」の表情をより頻繁に作る保護犬は、
    それ以外のイヌよりも早く里親を見つける傾向にあることが証明されている。

     今回の実験では、人間がイヌの方を向いているときの方が、彼らの表情は豊かになり、特に「AU101」を多く見せることがわかった。
    この結果は、人間の注目に応じて、イヌの行動が変わることを明確に示している。

    「つまり、こうした表情の変化は、人間の好みを反映したものである可能性を示唆しています」とカミンスキー氏は言う。
    「イヌが目を大きく開き、顔を子イヌらしく見せるAU101は一方で、人間が悲しいときに見せる表情にも似ています」


    続きはソースでどうぞ
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171026-00010000-nknatiogeo-sctch


    【【研究】犬は人が見ると 「悲しげな子犬の顔」をすると判明 】の続きを読む


    犬のうんちで方角が分かる? 犬は北南に体を向けて用を足す 犬のうんちで方角が分かる? 犬は北南に体を向けて用を足す
    …■犬がうんち前にくるくる回るしぐさ犬を散歩させていて、うんちをする様子を見せた時、くるくると忙しなく回ってなかなかポジションが決められなさそうな姿を見せる……というのは、飼い主にとっては見慣れた光景か…
    (出典:国際総合(ニューズウィーク日本版))




    今度うちの柴さんを広い原っぱへ散歩しに行くとき
    確認してみよっかなぁ…w

    【わんこは用を足す方角が決まってるってホント?】の続きを読む

    このページのトップヘ