わんニャンざんまいの広場

いぬとねこの話題・面白画像&動画を
あちらこちらから手広く集めてご紹介ー (^_^)

    カテゴリ: つぶやき


    議論になることが多い課題ですけど
    少しでも前向きな一歩になるのであればいいと思います。




    1 プティフランスパン ★ :2017/11/24(金) 09:57:46.82 ID:CAP_USER9.net

    犬猫の殺処分ゼロへ、命守る自販機 売り上げの一部を寄付
    2017年11月24日 05:05
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/174341

    (出典 oki.ismcdn.jp)

    犬や猫の殺処分ゼロを目指す活動を支援する自動販売機=22日、那覇市おもろまち

     ペット関連用品販売のPETBOXを運営するオム・ファム(北谷町、中村毅社長)と沖縄コカ・コーラボトリング(浦添市、城英俊社長)は
    22日、那覇市おもろまちのPETBOX那覇店で会見を開き、商品の売り上げの一部を犬や猫の殺処分ゼロを目指す活動に寄付する自動販売機の設置を発表した。

     「自販機でゴクッと募金」と題した取り組みで、自販機を北谷町と那覇市のPETBOXなど3店舗に計3台設置した。
    売り上げの一部はペットリボン基金事務局(北谷町、中村毅理事)を通して、保健所から犬や猫を引き取って保護したり、避妊手術を施したりしている県内の動物愛護団体を中心に寄付する。

     今後、既存の自販機にペットリボン基金のマークを付けるなどして、同様の自販機を100台増やすことを目指す。

     中村社長は「24時間、気軽に社会貢献ができる。地域に愛される自販機になってほしい」と期待を込めた。

     設置を希望する企業や店舗を呼び掛けている。

    ※ 問い合わせ先と全文は記者でご覧下さい。


    【【沖縄】犬猫の殺処分ゼロへ、命守る自販機「自販機でゴクッと募金」 売り上げの一部を寄付】の続きを読む

    no title

    ご主人サマとワンちゃんが寄り添い、いっしょに暮らすことによって
    お互いにとっての様々な生活上のリスクを自然に乗り越えることができて
    ともにハッピーになれるって、そういうお話ですよね。(*´・ω・`)b

    この研究結果、普通の人よりもワンちゃんといっしょにいる時間を長く持てる独居の人に限定する条件だと思います。

    ワンちゃんを頻繁に留守番させたりで、離れてる時間が長い人ではちょっと…



    1 らむちゃん ★ :2017/11/18(土) 16:39:52.69 ID:CAP_USER9.net

    CNN.co.jp2017年11月18日 12時18分
    http://news.livedoor.com/article/detail/13908703/

    (CNN) 犬を飼うことは心血管疾患や死亡のリスクの低下と関連がある――。そんな研究結果が17日、英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表された。1人暮らしの人の場合、犬を飼うとペットを飼っていない人に比べて死亡リスクが33%、心血管疾患に関連する死亡のリスクが36%低減する可能性があるという。

    複数人の家族がいる世帯でも犬の飼い主には恩恵があったが、その度合いは1人暮らしの場合と比べると少ない。こうした犬の飼い主の間での死亡リスクは11%、心血管疾患で死亡する確率は15%低下した。

    論文の著者であるスウェーデン・ウプサラ大の博士課程生は、今回の研究で非常に興味深い発見として、「1人暮らしの人を守る要因として犬を飼うことが特に顕著だったこと」を挙げた。

    1人暮らしの層に関しては以前、複数人の家族がいる世帯に住んでいる人よりも心血管疾患や死亡のリスクが高いことが報告されていたという。

    1人暮らし飼い主の場合、結婚したカップルや子どものいる家庭とは異なり、ペットと散歩したり触れ合ったりする唯一の人物となる。

    犬を飼っている人は、天候がどうであれ犬の散歩に出かけるなど、一般的に肉体的な活動のレベルが高いという。今回の研究は、そうしたことが、心血管疾患や死から身を守る確率の増大につながっている可能性があるとしている。

    今回の研究では、スウェーデンの国家データベースや双子登録プロジェクトからサンプルとして抽出された40~80歳のスウェーデン人340万人以上を対象に、12年間にわたり調査を行った。


    【犬を飼うと死亡リスク低下、1人暮らしで顕著 スウェーデン研究】の続きを読む


    子犬を盗んだ泥棒、女の子が悲しんでいることを知ってそっと返却

    11月6日の朝、豪ヴィクトリア州にあるクロイドン・ヒルズにある家に、泥棒が侵入した。iPadやパソコン、宝石といった金目のものやパスポートなど、家の中からいくつもの品物が盗まれたという。

    その中でも一家が胸を痛めた「窃盗品」があった。

    それが生後8週間の子犬、サシャだ。

    Detectives are investigating after an 8-week-old puppy was stolen during a burglary in Croydon Hills on Monday https://t.co/dwhGC4VuJO pic.twitter.com/i0f7mpfid4

    — Victoria Police (@VictoriaPolice) 2017年11月7日

    4歳の女の子の親友

    朝9時30分に4歳のマイアちゃんとお母さんが家を出たときに見たサシャの姿は、2時間後に帰宅すると消えていた。

    サシャはオーストラリアでも人気が高いラブラドール犬だ。

    泥棒にとっては、小さくてかわいらしいラブラドールのサシャは「金目のもの」でしかなかったのかもしれない。

    しかし一家にとってサシャは紛れもない家族の一員で、特にマイアちゃんにとっては、親友という存在だったのだ。

    この事実に胸を痛めたヴィクトリア警察は11月8日、「サシャを動物病院か警察署に返すように」と訴える動画をTwitterに投稿した。

    Can you help reunite 8-week-old pup Sasha with its owners? pic.twitter.com/aDb2i1jDkZ
    — Victoria Police (@VictoriaPolice) 2017年11月8日

    この動画の中でお父さんは、「娘がサシャはどうしたのかって聞くんだ。昨日の夜も『サシャの匂いがする』って言っていてさ。4歳の子に、“家族が連れ去られた”なんて、どう説明したらいいんだ」と胸の内を語っていた。

    毎晩犬用のベッドで一緒に眠るほど、マイアちゃんにとってサシャは、片時も離れたくない存在だったそうだ。

    また、オーストラリアの朝の情報番組にマイアちゃんはお父さんと一緒に出演。終始悲しそうな表情で、キャスターからサシャについて聞かれても、首を振るだけで答えることはできなかった。

    PLEASE SHARE: Little Maia has been left devastated after her 8-week-old puppy Sasha was stolen from her family. #9Today pic.twitter.com/R5uUfdSDhj

    — The Today Show (@TheTodayShow) 2017年11月7日

    返ってきたサシャ

    この呼びかけの翌朝7時20分頃、一家は裏庭にいるサシャを発見。そのほかの窃盗品は返ってきていないが、一家は再会を喜んでいるという。

    Labrador Sasha is home! What a great start to the day for this family, reuniting with their stolen pup. Read more ➜ https://t.co/lGdYPQvbB4 pic.twitter.com/CwLuRcNmHk
    — Victoria Police (@VictoriaPolice) 2017年11月8日

    確実に一家とサシャが再会できるように、犯人は動物病院でも警察署でもなく、犯行現場である家に戻ってきたことになる。

    警察は捜査を継続するとのこと。まだ未解決事件であることは間違いないが、Twitter上には「いいニュースだ」「よかった」などの声が寄せられている。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    「iPadやパソコン、宝石といった金目のものやパスポートなど
    家の中からいくつもの品物が盗まれたという。」
    「そのほかの窃盗品は返ってきていないが、」
    ↑ …(~_~;)

    本当に「女の子が悲しんでいることを知ってそっと返却」
    したのでしょうか?
    しっかり追及して、法の裁きを下すことを望みます。

    ただ、金品には目もくれず、愛犬の無事と帰還をひとすら望んだ
    この家族のみなさんはすばらしいです。(*^_^*)




    <このニュースへのネットの反応>

    【子犬を盗んだ泥棒、女の子が悲しんでいることを知ってそっと返却?…あやしい。】の続きを読む

    このページのトップヘ