わんニャンざんまいの広場

わん(犬)・ニャン(猫)の話題・面白画像&動画を2ch・Twitter等から手広く集めてまとめていきます (^_^)
しばしの癒しの時間をご堪能ください。

    タグ:ぽっちゃり



    (出典 livedoor.blogimg.jp)

    お肉もたわんでるように見えますがねぇ… (^_^;)

    アラスカンマラミュートのこいぬは
    これが標準体型なのかしら? (@_@;)

    【【こいぬ】ふわふわとゆうよりぷよんぷよん】の続きを読む


    みなさんかわいいし、キレイな毛並 (^_^)


    3 風吹けば名無し :2018/05/10(木) 01:50:58.18

    ワロタ

    (出典 i.imgur.com)

    【「うちの猫可愛すぎワロタw」】の続きを読む


    その昔、大事な経典がネズミにかじられるのを防ぐために
    お寺でねこを置くようになった、ってのは聞いたことがあります。
    (^_^)


    1 ばーど ★ :2018/04/15(日) 18:57:09.77 ID:CAP_USER9.net

    「猫寺」で有名な御誕生寺の犬・アンディー

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    福井県越前市に、「猫寺」として全国に知られるお寺「御誕生寺(ごたんじょうじ)」がある。曹洞宗の禅寺で、御年91歳の板橋興宗住職が、2002年に段ボールに入っていた捨て猫4匹を保護したところ、数十匹の猫が集まるようになった。現在も30匹近くの猫が自由気ままに過ごしている。この冬、この「猫寺」に、なんと犬が仲間入りした。

    北陸自動車道を、武生インターチェンジで下り、およそ10分。坂道を上ったところに御誕生寺がある。猫の姿が見えると、スピードを緩め、けがをさせないよう慎重に運転した。仏像と仏像の間に猫が座っており、猫を描いた看板も掲げられている。駐車場には全国各地のナンバーの観光バスや、乗用車。愛知県から来た若い女性ツアー客に聞くと、「御誕生寺は福井観光の目玉」だとのこと。猫好きにとっては、外せない観光スポットだ。

    境内では十数匹の猫が思い思いの場所で過ごしていた。どこからか観光客の声が上がった。「あれ! 犬もいるよ」

    声の先には、ゴールデンレトリバーのアンディー(オス、2歳)が、行儀よくお座りして、出迎えていた。猪苗代昭順副住職によると、関西盲導犬協会から託されたそうだ。アンディーは盲導犬に適していないと判断され、キャリアチェンジした。昨年11月末から、ここ御誕生寺で「第二の人(犬)生」を送っている。

    アンディーは盲導犬として訓練を受けていたため、人懐っこいが、おとなしく、むやみに鳴かない。近づくと、そーっと足元に寄ってきて、鼻を擦り付ける。なでると、うれしそうに尻尾を振る。跳び上がって喜んだり、急に駆け出したりしないので、子どもが近づいても安心だ。子ども時代に犬を飼っていた猪苗代副住職はアンディーをかわいがっており、アンディーも副住職が好きなのか、まとわりついている。猫たちともうまくやっているようだ。

    「アンディーと猫の距離感はさまざまです。擦り寄っていく猫もいれば、遠くで見ているものもいます。彼らは適度な距離を保ち、うまく付き合って、仲良くやってくれています」

    猫を目当てに御誕生寺へ来た参拝客は、犬もいることに驚くが、すぐにアンディーを気に入り、一緒に写真を撮ったり、遊んだりしている。すっかり人気者だ。

    アンディーが寺に仲間入りした頃、福井県内は豪雪に見舞われ、御誕生寺周辺は多い時には150センチ近い積雪があった。猫は寒そうに丸まっていたが、アンディーは元気に雪の中を走り回っていたという。

    御誕生寺では、SNSなどを活用して保護猫の飼い主を募っている。年に2度、地元の動物愛護センターと連携して猫の飼い主探しの催しを開くと、「お寺でもらった猫は縁起がよさそう」だと、30匹の子猫に対して譲渡希望が40人名乗りを上げて抽選となることもある。

    「えさや猫砂は、全国からのご寄付でまかなっています。寄付をいただいた方で希望される方から、お名前と、亡くなった愛猫の名前を聞いて供養して差し上げます」

    猪苗代副住職は猫が寺にもたらす効果について語ってくれた。

    「境内で、のんびりと過ごされる方が少なくないでしょう。私たちは皆さんに、お経を読んだり、仏教の教えを説いたりするわけではないのです。でも、癒しや救いを求めてこられた方が、リラックスして帰って行かれるのを見ると、猫は仏教の教えそのもののような気がします。また、いつでも来てください」

    ゆったりした空間で、アンディーと猫たちはゆったりと過ごしている。「猫寺の犬」としてすっかり環境になじみ、幸せそうだ。猫の楽園は、犬の「安住の地」でもあった。

    4/15(日) 10:12
    sippo(朝日新聞)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180415-00010000-sippo-life

    【【福井】有名な「猫寺」に大型犬(アンディー)、猫の中でのんびり 「仏の教えのよう」/越前市・御誕生寺】の続きを読む

    このページのトップヘ