わんニャンざんまいの広場

わん(犬)・ニャン(猫)の話題・面白画像&動画を2ch・Twitterなどから手広く集めてご紹介ー (^_^)

    タグ:ニュース


    英国では、路線バスや電車など公共の交通機関で介助犬を伴うことが法的に認められている。しかし中には介助犬や盲導犬などの働きを理解できず、障害を抱える人を非難する言葉を浴びせたりする人もいるようだ。このほどマージーサイド州のある女性が、バス内で見知らぬ女性から驚くべき言葉を投げかけられた。『Liverpool Echo』『Mirror』などが伝えている。

    マージーサイド州セント・へレンズに住むメーガン・テイラーさん(22歳)は1月7日、地元の路線バスに乗った時に女性客から思いもよらぬ言葉を投げかけられた。

    15歳の時に事故が原因で大怪我をしたメーガンさんは、頭蓋骨に複数の骨折を負ったほか、事故後も聴覚障害やバランス障害、頻繁な失神発作、眩暈や一時的に目が見えなくなる視覚障害など様々な医学的問題を抱えるようになった。いつ何時でも予告なしに突然視覚が失われてしまうことは恐怖でしかなく、見えている時でも眩暈がすると物にぶつかったり躓いたりすることもよくあるという。そんな状態で日常を過ごさなければならないメーガンさんにとって、盲導犬や介助犬は必要不可欠な存在だ。

    ところがバスの中で、その女性客はメーガンさんが連れた黒色のラブラドールの介助犬ローリー(2歳)を見て「なんで犬がバスに乗ってるのよ。降ろしなさいよ」と叫びだした。メーガンさんは、犬は介助犬であることを丁寧に説明しようとしたが、女性は「そんなはずないわ。盲導犬っていうのは普通ベージュのラブラドールじゃないの。これは黒でしょう。嘘つき!」と言い放ったのだ。

    盲導犬や介助犬はどんな色でもあり得ること、ローリーはラブラドールだが必ずしもラブラドールというわけではないこともメーガンさんは説明しようとした。しかし女性は聞く耳持たずに「あんたが間違っている」と反論。この時点でメーガンさんは何を言っても無駄だと悟り、女性の理不尽な攻撃を無視することにしたという。女性はその後もメーガンさんを非難する言葉を浴びせていたようだが、ローリーのおかげでメーガンさんは気持ちを落ち着けることができたと話している。

    「公共の場で、こういうことが起こったのはこれが初めてではありません。正直、交通機関を使うのが不安になることもあります。バランス感覚と予測できない失神発作から、バスや電車内で立ったままでは危険なので優先座席に座らせてほしいと頼んでも、私は障害者に見えず、拒否されたこともありした。医療警告カードを見せて介助犬を指さしても、笑われて否定されることだってあるし、唾を吐きかけられたり行く手を遮られて押されたこともありました。心疾患と神経障害のために意識を失いかけた時にも、酔っ払いの若者と非難されたこともあったぐらいです。」

    メーガンさんにとってローリーは、2頭目の介助犬となる。1頭目のルビーは襲われてリタイアを余儀なくされたそうだ。ルビーに代わり、ローリーは着替えを手伝ってくれたり靴紐をほどいたりしてくれる以外にも、落とした物を拾ったり洗濯機の中から洗い物を取り出したりもしてくれるそうだ。また、メーガンさんが意識を失った時には、電話を操作して助けを求めることもできるという。障害を抱える人にとっては、こうした介助犬の日々のサポート必要不可欠なものであり、メーガンさんは今一度、世間に介助犬への理解を呼びかけている。

    「介助犬には様々な犬種がいて大きさも異なります。ですが全ての介助犬は、多岐にわたり障害を抱える人のサポートをするよう訓練されていて、障害者の自立を促してくれて自信を与えてくれる助けになる存在です。介助犬は、車椅子や杖、眼鏡などと同じように重要な補助器具の役割を果たしてくれる大切な存在で、公共の場では障害者との同行が法的に認められているのです。」

    メーガンさんは「今までにもいろんな嫌な経験をしたけれど、ほとんどの人は親切に接してくれる。障害を恥だとは思っていないので、負けません。これからもポジティブに頑張っていきます」と語っている。このニュースを知った人からは、「こういう非常識な女こそ次のバス停で降ろして警察に通報すべきだったのかもね。こんなことをいう人がいるなんて…世の中も悲しいね」「自分が目を閉じて実際に歩いてみたらいい。目が見えないことがどれほど大変かわからないから、こういう酷いことが平気で言えるんだろうな。この女、恥を知るべきだ」「介助犬についての文句を言うなんて、心無い奴である以上に頭がおかしいとしか思えない」「黒のラブラドールや黒の盲導犬ってよく見かけるけど? この女、どれほど無知なのよ」「自分がこのバスに乗ってたら思いっきり女に文句を言ってやるところだ」「呆れた。介助犬は法的に認められているのに。この女を訴えてやりたいぐらい」といった声があがっている。

    画像は『Mirror 2019年1月10日付「Blind woman told to ‘get her f*****g dog off bus’ by furious passenger」』のスクリーンショット
    (TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

    海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト
    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)

    イヌもヒトも、肌(毛?)の色で差別されるのは不当。
    いや、今回はそういうことじゃなくて…
    あのね… (~_~;)


    <このニュースへのネットの反応>

    【黒い盲導犬を連れた視覚障害者に、バス女性客「盲導犬はベージュよ、嘘つき!」(英)】の続きを読む


    そりゃもう
    こんなニャンコが駐在所に鎮座してりゃ
    あっという間に人気者だよねーw
    ヽ(^o^)丿


    1 ニライカナイφ ★ :2018/12/19(水) 19:00:26.39 ID:CAP_USER9.net

    千葉県御宿町のいすみ署御宿海岸駐在所に、「広報担当」を務める猫がいる。
    「勤務中」は帽子をかぶり、机の上にスタンバイ。

    来訪者を温かく出迎え、犯罪防止の啓発活動を手伝う。
    駐在所は「防犯にも一役買ってくれれば」と期待する。

    (写真)御宿海岸駐在所のアイドル猫「桃太」

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    「ミャアミャア」
    11月の昼下がり。

    記者が駐在所を訪ねると、オス猫の「桃太(ももた)」(推定2歳)が机からピョンと飛び降り、駆け寄ってきた。
    手を差し出すと、目を細め、のどをグルグルと鳴らし、身体をすり寄せてきた。

    桃太は、駐在所の小林拓昭(ひろあき)巡査部長(30)と妻言依(ことえ)さん(30)の飼い猫だ。
    2年前の5月、県警いすみ署で保護された5匹の捨て猫のうち、「こっちをじっと見つめていた」1匹を、2人が引き取った。

    発見時は生後1カ月ほどで、体重は約650グラム。手のひらに乗る大きさだった。
    「桃のようにふくよかに、強くたくましく育って欲しい」。
    そんな願いを込めて、「桃太」と名付けた。

    最初は警戒してソファの後ろに隠れていた桃太だったが、4日ほどすると、小林さんのひざの上へ乗るように。
    やがて、駐在所の机が定位置になり、「留守番」も務めるようになった。

    好物のマグロのビスケットをもりもり食べて、今では体重6.3キロに成長した。
    「だっこするのに一苦労だ」と小林さんは笑う。

    (写真)御宿海岸駐在所の小林拓昭巡査部長(右から3人目)、妻言依さん(右端)と、桃太によく会いに来る地域の人たち

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    駐在所のある御宿町は、人口に占める65歳以上の割合(高齢化率)が4月時点で49.4%と県内1位。
    一人暮らしのお年寄りも多く、急増する特殊詐欺などの犯罪被害を未然に防ぐ対策が求められる地域だ。

    そんな中、桃太の存在感は少しずつ増している。
    以前は1日1人程度だった駐在所を訪れる人の数は、桃太が登場して以降、1日5人ほどに増えた。

    その多くがお年寄りだ。
    小林さんが来訪者に特殊詐欺の手口を紹介したチラシを配ったり、交通事故防止の蛍光タスキを配ったりする脇で、桃太がじっと見守る――。
    そんな連係プレーも今では珍しくない。

    駐在所の向かいに住む村上えり子さん(66)は「桃太に会うのが楽しみ。いつもいい子に仕事をしている」と目を細める。
    小林さんは、「桃太は大切な家族の一員。おかげで警察と地域住民の距離も縮まった」と実感している。
    「この勢いで、詐欺被害や交通事故が減る効果が出ればうれしい」と話す。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181218-00010000-sippo-life

    【捨てられた子猫、駐在所の人気猫に おまわりさんを「広報担当」でお手伝い】の続きを読む


    きな子さん…
    警察犬目指して奮闘中の時から話題でしたね。

    遅まきながらご冥福を (一人一)ナム…


    1 ガーディス ★ :2018/12/09(日) 21:13:43.30 ID:CAP_USER9.net

    毎日新聞 2018年12月9日 18時25分(最終更新 12月9日 18時26分)
    警察犬になるための試験に何度も失敗するずっこけぶりや諦めない姿が人気を集め、昨年3月に死んだ香川県警の元嘱託警察犬「きな子」(ラブラドルレトリバー)の銅像が同県丸亀市のJR丸亀駅前に設置され9日、除幕式が開かれた。

    梶正治丸亀市長が「頑張る気持ちを与えてくれた犬。新名所になれば」とあいさつし、地元の子どもたちも参加。幕が除かれると、集まった約150人から「わぁ、かわいい」と歓声が上がった。

     銅像は等身大で体長約60センチ。なでやすいよう台座の高さは約80センチと低めにした。資金は有志の会がインターネットで呼び掛けて集めた。(共同)

    https://mainichi.jp/articles/20181209/k00/00m/040/088000c
    JR丸亀駅前に設置された「きな子」の銅像。左の犬は子どもの「みりん」、右は孫の「りんご」

    (出典 cdn.mainichi.jp)

     地元の子どもたちが参加して行われた「きな子」の銅像の除幕式

    (出典 cdn.mainichi.jp)

    【【香川】元警察犬「きな子」銅像お目見え ずっこけぶりが人気 子どもは「みりん」、孫は「りんご」】の続きを読む


    どちらも美しいね、ホントに…


    1 湛然 ★ :2018/12/09(日) 05:05:55.31 ID:CAP_USER9.net

    2018.12.08 17:50 Techinsight
    柴咲コウ、愛猫との“目ヂカラ”ショットに「ホントに美しい」ファンため息

    女優の柴咲コウが、インスタグラムで愛猫“ノエル”とのツーショットを公開。「笑っちゃくらいそっくり」と大きな反響を呼んでいる。

    今年5月に新たなアーティスト名「MuseK(ミュゼック)」として歌手活動をスタート、10月には企画からデザイン、販売に至るまでの全プロデュースを手がけるファッションブランド「MES VACANCES(ミ ヴァコンス)」を立ち上げた柴咲コウ。
    (中略)

    そんな多忙な柴咲を癒してくれるのが、自宅で待っている愛猫の“ノエル”だろう。『柴咲コウ ko_shibasaki Instagram』にも度々登場しているオッドアイの雌猫だ。
    過去には柴咲の脚の上でくつろいだり、ダンボールで遊ぶ姿が公開されたが、7日の投稿では飼い主とともに正面を見据えていた。

    このツーショットに、フォロワーからは「うわぁ~双子のよう」「驚くほど似ている」「美しい、ホントに美しい」「どちらも、目ヂカラがスゴい」「芸術的なツーショット!」と改めてそのそっくりぶりに驚きの声が寄せられている。

    (TechinsightJapan編集部 みやび)

    柴咲コウと愛猫“ノエル”
    [ko_shibasaki]

    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)


    http://japan.techinsight.jp/2018/12/miyabi12080839.html

    【『柴咲コウ、愛猫との“目ヂカラ”ショットに「ホントに美しい」ファンため息』】の続きを読む


    ワタシもこの見出し見て
    ちょっとビックリした (~_~;)

    現代に、ましてやアメリカで
    殉葬なんてあるわけないよねw


    1 きつねうどん ★ :2018/12/03(月) 16:06:56.83 ID:CAP_USER.net


    (出典 www.cnn.co.jp)


    故ジョージ・H・W・ブッシュ元大統領の棺に寄り添う介助犬「サリー」/Jim McGrath

    ワシントン(CNN) 11月30日に死去したジョージ・H・W・ブッシュ元米大統領の介助犬「サリー・H・W・ブッシュ」が、ブッシュ氏の棺に付き添って、首都ワシントン行きの専用機に搭乗する。関係者が明らかにした。

    ブッシュ家広報のジム・マグラス氏は2日、ブッシュ氏の棺に寄り添うサリーの写真をツイッターに投稿し、「ミッション・コンプリート(任務完了)」の言葉を添えた。

    サリーの名は、2009年にエンジン停止した旅客機をハドソン川に着水させて乗客乗員155人を救った「サリー」ことチェスリー・サレンバーガー機長(当時)にちなむ。

    息子のジョージ・W・ブッシュ元大統領はインスタグラムへの投稿で、サリーはウォルター・リード陸軍医療センターに派遣され、退役軍人を助ける任務に戻る予定だと報告し、「私たち家族はこの犬がいなくなることを寂しく思うと同時に、父にくれたのと同じ喜びを、ウォルター・リードという新しい家にもたらしてくれると知って安堵(あんど)している」とコメントした。

    サリーは退役軍人支援の慈善団体によって高度な訓練を受けたラブラドル犬で、かかってきた電話への応対や、物を取って来るなど多くの指示をこなすことができる。インスタグラムの専用アカウントは大勢のユーザーにフォローされていた。同団体は退役軍人や障害を持つ救急隊員などに介助犬を提供している。

    サリーは今年夏、妻のバーバラさんを亡くしたブッシュ氏を介助するために派遣されていた。

    https://www.cnn.co.jp/usa/35129534.html

    【「故ブッシュ元大統領に寄り添った介助犬、最後の旅に同行へ」】の続きを読む

    このページのトップヘ