わんニャンざんまいの広場

いぬとねこの話題・面白画像&動画を
あちらこちらから手広く集めてご紹介ー (^_^)

    タグ:ニュース


    エアロちゃんって
    ウチの子(12歳)が生まれる前からTVで見てるから…

    けっこうシニアさんよね (^_^)


    1 名無しさん@涙目です。 :2019/06/18(火) 17:28:02.62 ID:NVVPweeq0.net BE:819973909-2BP(2000)


     寝具メーカー「エアウィーヴ」の新商品・新CM発表会が18日、都内で行われ、
    フィギュアスケート女子で10年バンクーバー五輪銀メダリストの浅真央さん(28)と愛犬エアロが出席した。

    (出典 www.sponichi.co.jp)


     小型ペット用マットレス「エアロウィーヴ」を紹介する新TVCM「浅田真央 エアロと快眠」(今月22日から放送)が初公開された。

     話題は20年東京五輪にまでおよび、浅田さんが楽しみにしているのはレスリングだという。
    「先日、ニュースで拝見したんですけど。レスリング女子の皆さん、すごく選手層が厚くて。
    五輪代表になるだけでも、すごい戦いをしなければ五輪に行けないんだなと見ていて感じた。レスリングに注目しています」と語った。

     東京五輪まで1年あまり。自国開催の舞台を目指す選手たちへ向けて「今、一番大変な時期だと思うので。
    選手の皆さんはとにかくケガなく、満足した練習ができる状態でいてもらいたいと思います」とエールを送った。

    そーす
    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/06/18/kiji/20190618s00079000274000c.html
    浅田真央さん、東京五輪の注目はレスリング女子「代表になるだけでもすごい戦い」

    【「大人っぽくなった浅田真央ちゃんがニヤついた愛犬と一緒に登場!」】の続きを読む


    ほぼねこ (^_^)

    しっぽにキツネっぽさがあるかなー?


    1 風吹けば名無し :2019/06/16(日) 23:32:25.19 ID:3J7g5FExa.net

    【AFP=時事】フランスの森林・狩猟当局の職員らが「キツネネコ」と呼ぶこのネコ。地中海の仏領コルシカ(Corsica)島で捕獲され、当局は在来種やヨーロッパヤマネコとはDNAが異なるため新種であると主張している。

    【キツネのような尻尾と長い胴体が特徴の「キツネネコ」】

     今回、公表された「キツネネコ」と呼ばれているこの野生動物、顔だけを見る限り猫のようだが、大きく広がった耳と尻尾の黒い縞模様を含め、複数の身体的特徴がキツネにも似ているという。

     6月11日、フランス狩猟野生動物保護局スタッフがキツネネコを両手で抱えた写真数点がメディアに公開されたが、脚と胴体がとても長いことがわかる。

     その長さは約90cmもあり、他の特徴と併せて地元の人々からもキツネネコと呼ばれていたそうだ。


    (出典 image.news.livedoor.com)

    【キツネとネコの特徴をあわせ持った新種の動物、「キツネネコ」が地中海のコルシカ島で発見される】の続きを読む


    あー、そんな子いたねー
    よかったねぇ (*´ω`)

    ねこにも人気の美術館ですねw


    1 ばーど ★ :2019/06/12(水) 15:48:49.38 ID:9pl84FLA9.net

    左が飼い猫として暮らすゴッちゃん。右は2018年に美術館に入ろうとして警備員に阻止された時の様子

    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    美術館に入ろうとする猫と、防ごうとする警備員のやりとりで話題になった尾道市立美術館(広島県)。2匹いた名物猫のうちの1匹「ゴッちゃん」が、飼い猫として新たな生活を送っていることがわかりました。その後の美術館の様子について話を聞きました。

    https://twitter.com/bijutsu1
    ゴッちゃん

    (出典 pbs.twimg.com)

    クウちゃん

    (出典 pbs.twimg.com)

    .
    ■ゴッちゃんとケンちゃん

     尾道市立美術館が最初に話題になったのは2017年3月。

     近くのレストランで飼われている黒猫「ケンちゃん」が、開催中だった「猫まみれ展」の会場に入ろうとして警備員に阻止される様子がツイッターで紹介され、注目を集めました。

     それから約1年半後の2018年10月。今度は茶トラの「ゴッちゃん」が入ろうとして同じ警備員に抱きかかえられ、優しく外に出される姿が話題になりました。

     「玄関付近はケンちゃんのテリトリーなので、入ろうとするのはケンちゃんがほとんど。このときのゴッちゃんは珍しい姿だったんですよ」

     そう話すのは、撮影やツイッターを担当した美術館のスタッフです。
    .
    ■最初は警戒していたけど

     4年ぐらい前から美術館周辺に姿を見せるようになったゴッちゃん。

     最初のうちは定期的に世話をしている人がいたものの、次第に姿を見かけなくなり「地域猫なのかな」と思っていたそうです。

     ケンちゃんが玄関付近をテリトリーにしているのに対して、ゴッちゃんは事務所近くを自分の縄張りに。

     最初のうちは、顔を合わせると威嚇するようなしぐさを見せていた2匹でしたが、次第に打ち解けていったそうです。

     ツイッターで紹介されて話題になるとテレビ取材も相次ぎ、海外でも取り上げられるほど2匹は有名になりました。
    .
    ■別れを惜しむかのように

     そんなゴッちゃんには数年前から「里親として我が家に迎え入れたい」という相談が寄せられていました。

     話題になってからも飼い主として名乗り出る人はおらず、ここで地域猫として暮らすよりも幸せになれるのではないか? そうして飼い猫として暮らすことが決まりました。

     美術館周辺で過ごした最後の日が5月18日。その2日前、美術館スタッフがケンちゃんと一緒にいるところを見つけて動画を撮影し、ツイッターに投稿しています。

     タイトルは「また会おうニャ~」。階段の上にいるゴッちゃんのところに、ケンちゃんが近づいてきて「ニャー」と鳴きながら、顔を近づける様子が映っています。

     「2日後のことなんて分かってないはずなのに、なんだか別れを惜しんでいるように見えてしまいました」

    ■今度はクウちゃんが

     ゴッちゃんが去った後の美術館はどんな様子なのでしょうか。

     「ケンちゃんは相変わらず、玄関付近に来ると入ろうとしてます。それから、ゴッちゃんと入れ替わるようにして古株の猫が顔を出すようになったんです」

     その古株とは、近所で飼われているキジトラの「クウちゃん」。

     美術館に入ろうとはしないものの、夕方になると玄関付近に現れて毛繕いをしているそうです。

     「スタッフの間では『ゴッちゃんが引き継ぎしたのかな?』なんて話になってます」
    .
    ■警備員の思い

     ゴッちゃんやケンちゃんが話題になる時、警備を担当していたのはいつも馬屋原定雄さんでした。

     特別展などに合わせて警備を担当しており、猫に話しかける様子や、優しく抱きかかえる姿が印象的です。

     ゴッちゃんがいなくなる前後の時期は特別展は開催されておらず、美術館スタッフから電話で知らされたそうです。

     「事務所の裏に行くと、いつもゴッちゃんが近づいてきて、足元でスリスリしてきたことを思い出しました。会えなくなると思うと、やっぱり寂しいですね」
    .
    ■ゴッちゃん来館も検討

     ゴッちゃんの新しい飼い主からは、定期的に写真が送られてきており、新しい家で幸せに暮らしているようです。

    以下ソース先で

    6/12(水) 11:44
    withnews
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190611-00000005-withnews-sci&p=1
    (deleted an unsolicited ad)

    【【美術館に入りたい猫】ネコと警備員の攻防…「ゴッちゃん」が飼い猫になり引退 今度はキジトラが来館/尾道市立美術館】の続きを読む



     子どもの日も終わり、そろそろお片付けしているところも多いかと思います。子どもの日に出す、五月飾りでも、兜だけは特別に頭にのせてもらったという人もいるかもしれません。そんな兜を犬にかぶせてみたところ、あまりにもピッタリ過ぎてネット上で話題になっています。

    【さらに詳しい元記事はこちら】

     この兜をかぶってみたのは、シェットランドシープドッグ(通称シェルティ)のラフィちゃん。ラフィちゃんはまだ1歳のやんちゃ盛りな女の子ですが、漫画家の川上十億さんの実家にあった兜をかぶせてみたところ、あまりにもピッタリ!兜のサイズが大きすぎず、小さすぎず、あご紐の長さも完ぺきにちょうどいいといった具合。

     この様子を、「実家にあった兜がスーパージャストサイズだった犬」とツイッターに投稿したところ、あまりにも可愛い武将のできあがりにネット民も大いに盛り上がり、「すごく似合ってる!」「武将はこれからどこに出陣?」「カッコかわいい!」などなど大盛り上がり。この後、ラフィちゃんは自宅内に出陣した模様。


     川上さん自身も、子どもの時にこの兜をかぶってみた経験があるそうですが、その時にはすでにサイズは合わなくなっていてピッタリとはいかず、入らなかったのだそう。人間の子には合わずに犬にはピッタリ……もしかして、この手の兜って小~中型犬サイズに作られているのでは……??と思うくらいにジャストサイズ。ラフィちゃんの毛並みにも合っていて、とってもりりしい女武将といった感じになりましたね。

     川上さんの家には、他にもハヤブサメンフクロウが同居していて、その様子もツイッターや漫画アプリサイコミ」にて「だらけハヤブサとだらだら生活」を公開していますよ。

    <記事化協力>
    川上十億@だらけハヤブサ連載中 さん(@juoku_k)

    (梓川みいな)

    犬に五月飾りの兜をかぶせてみた結果……スーパージャストサイズだった件
    (出典 news.nicovideo.jp)

    馴染んでる… か?w


    <このニュースへのネットの反応>

    【「犬に五月飾りの兜をかぶせてみた結果……スーパージャストサイズだった件」】の続きを読む


    なんとまあ… (゜_゜;)


    1 風吹けば名無し :2019/04/17(水) 18:02:15.36 ID:amVeEC1Y0.net

    220キロ沖合で泳ぐ犬を無事救出、助けた作業員が里親に タイ(AFP=時事) - Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-00000046-jij_afp-int

    タイの沿岸から220キロ離れた沖合で、疲れ切った様子で泳いでいた犬が、石油掘削作業員らに発見され救出された。助け出した作業員の一人が里親になる予定で、犬は元気を取り戻しつつあるという。


    (出典 lpt.c.yimg.jp)

    【「イッヌ、うっかり沖合220kmで溺れてしまう」】の続きを読む

    このページのトップヘ